Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

人生

「泣」の記憶…

ブログは表、裏、別、秘の4系統書いています。 日常のこと、趣味のこと、お題などのネタ、仕事のこと、病気のこと、人生のこと、… いろんなことを、楽しく書けています。 書けていますが… この記事を書いたぐらいからかな? kiha-gojusan-hyakusan.hatenablo…

「幸」の記憶…

10歳未満の頃… 運動が苦手だったけど、恵まれた方だったと思います。 幸せな方だと思います。 10代の頃… 今思うと、比較的幸せだったと思います。 鹿児島転校という波乱はあったけど、嗜好の幅を大きく広げてくれましたし、やっぱり関東とは気風が違う方々と…

妬ける…

押上文庫にて。 いつもの文庫ですが、今日は特に盛況で! まぁ、いいことですよね♪ まあ、僕は僕流に。 カンパーイ♪ お通しは、ホタテ♪ シャキシャキとしたアスパラ♪ 赤いかは昔の式根島の思い出が蘇る♪酒を追加しましょう。 猫庫さんオススメ♪ ちょい、変化…

「え」の記憶…

京版の「え」は、 「縁と月日」です。 正確には「縁と月日は末を待て」になります。 男女の縁、そして幸せな世の中は、待っていればそのうち訪れる、という意味になります。 人には、とにかく動きたがる人と、じっと待つ人にわけられるそうです。 僕はどちら…

講師役…

昨日、仕事で使うソフトの使い方を、新しい人数名に教える、って仕事がありました。 まあ、何度かやってますけどね。 僕が担当のソフトだし。 資料を準備して、待機。 この時間は何度やっても、緊張しますね。 実際に始まってしまえば、あとは流れを作って、…

退位…

この、ワインレッドの敷物の上。 普段はグッズ類の背景用に使ったりもしますが…。 ここ数日は、旧パソコンが置いてありました。 データを吸い出すために。 最後の、お勤めです。 そして、今は… データ移行は完了。 新型のパソコンにその座を譲り、静かに退位…

「こ」の記憶…

京版の「こ」は、 「これに懲りよ道才坊」です。 「これに懲りて、もう二度とするな」を、調子よく言った言葉ですね。 「道才坊」とは当て字で、撮棒という、堅い木で作った武器に、罵りを表す“どう”を足したものだそうです。 僕の人生で、これに該当するこ…

お題・ラブレター…

※ この記事は、お題にはしません… お題がなんと「ラブレター」だっていうので、ない経験を振り絞って??表裏2件、書きましたよ。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp でもなんか、どちらも自分への反省文みたいにな…

T子…

今週のお題「あの人へラブレター」 小学6年生のところ、貴女は随分仲良くしてくれました。 一緒にも遊んだし、遊んだし。 でも、僕がちょっとからかうことが多くって。 いつか突然、ぷいっと。 それっきり。 「ごめんね…」 僕、女の子のことを、全然わかって…

一身上の都合…

新聞を見ていた、巨匠(母)との会話。 「一身上の都合」を、採用面接辞退で使うのはおかしい?? そうなん? 調べると、「一身上の都合」は、確かに自分の都合で、という意味ではあるけれど、あくまで退職(転職)するときの常套句。 入ってもいないのに、…

天王山…

神戸から伊丹への移動は、いろいろ考えたんだけど… ここにしました。 天下分け目の一戦があった「天王山」 標高270.4m 山というより、 岡かな? ここが、登り口。 ところが! 道は最初から、急!! 前の洲本城もそうでした。 ある程度高いとなだらかな山道が…

時間の流れ…

暇な日。 時間がなかなか、経ちません。 書類に目を通したり、こんな時のための単純作業をやり尽くし。 散歩も行ったし、トイレももう、絞り出せない…。 飲み物も、もう、いらないや…。 ボーッとしてるしか、ないです。 パソコンでのインターネットは、規制…

地方球場の記憶…

(敬称略) 今日のホークスは、鹿児島開催。 地方球場でのゲームです。 昨日の熊本・藤崎台県営野球場でのゲームと組んで、「九州新幹線シリーズ」なんて言われてますが、熊本は残念ながら、雨で中止。 地方球場での試合は、滅多にメイン球場に来れない地方…

ハイタッチ…

成功したときとか、周りの人とハイタッチをかわすことがありますね。 野球でも、ホームランや得点の時に、選手同士でハイタッチをかわします。 以前は「過度に喜ぶのは相手に失礼」という考えが優勢でしたが、今は「ショーである以上、喜んだところを見せた…

入社式…

ウチの会社でも、入社式があって。 下っ端だから式典なんて出ないけど、終わってからみんなで、職場を見学しにきて。 ぞろぞろと歩く姿は、やっぱり不安かな? 僕は中途入社、いわゆる「ドラフト外」なので、入社式もなく。 面接の「いつから来てね」ぐらい…

資産の棚卸し…

何度か、話題にしてますが。 四半期に一度、自分管理の資産を全て調べ、記録を取る、「資産の棚卸し」を行っています。 2008年9月期からので、もう10年。 ファイルも、こんなに分厚くなりました。 2018年の第一四半期は、オフ会とかたくさんやった割には、動…

「う」の記憶…

京版の「う」は、 「氏より育ち」です。 家柄なんかよりも、どんな環境で、どんな育てられ方で育ったかの方が、人間形成に大きな影響を与えることを言う言葉です。 ウチに「氏」があるわけではないけど、同じ家で生まれ育ったのに、全然違った人間になるのは…

席替えの記憶…

職場で、レイアウト変更がありまして。 今日から“席替え”です。 デスクは白になり、明るく! ただ、一枚板に5人掛けなので、境が作りづらいですね。 ちょっとドスンとやると、隣に響くし… 寝落ちなんか、出来ません!? 引き出しは少なく。 このために、ずい…

縁遠い日の記憶…

今週のお題「ホワイトデー」 正直、「縁遠い日」です。 基本的に、「押しかける」わけにはいかないですから。 もらえるような玉でないまま、4x年。 逆に、ホワイトデーであれこれ悩んだり、困ったりした記憶も、ないのです。 ここまで来ると、もう、どうでも…

「つ」の記憶…

京版の「つ」は、 「月夜に釜を抜かれる」です。 釜を抜く、という表現は、今ではちょっとイメージしにくいですが、昔は竈の穴の中に落とし込んで使っていましたから、「釜を抜く」という表現が成立したようです。 表現が成立するのはいいですが… 要は、 「…

「そ」の記憶…

京版の「そ」は、 「袖すり合うも他生の縁」です。 「多少」じゃないですよ! そう、ほんの居合わせただけの人だったとしても、実は前世に因縁があって、必然的に出会っている、という考え方を、仏教ではします。 「他生」とは、仏教の輪廻思想における、前…

Kさん…

水曜日、ごくまれに会えることがあります。 社内では「先生」と呼ばれてる、Kさん。 元々はデイケアでお世話になった方で、ジョブコーチをされていました。 今も支援活動の他、研究にも携わっていて、多忙な毎日を送ってらっしゃいます。 僕も大変お世話にな…

魚屋さん…

父は童謡が好きで。 たまにCD店で買ってくると、喜々として聞いています。 さっき流れてたのが、こちら。 (アルバムは多分、違うけど) かわいい魚屋さん 横山だいすけ・三谷たくみ(NHKおかあさんといっしょ) チルドレン・ミュージック provided courtesy o…

背番号99+の記憶…

(敬称略) このシリーズの大詰めは、背番号100以上の選手を取り上げます。 100以上の背番号と聞いて、まず思いついたのが、ホークスの山本穣。 背番号113。 当時の100番以上はスタッフの番号で、彼はブルペン捕手を務めていました。 実はこの人、ある選手に…

運…

久々に、ゲームのお話。 昔やったゲーム「ハイドライド3」には、いろんな設定値がありました。 主人公には「もてる重量」という値がありまして。 いや、これが高いと女の子にモテる!?ではなくて。 アイテムその他に「重さ」が設定されていて、どれくらいま…

人生は遊びが優先…

休日。 でも、出かけられない理由があって。 ひたすらパソコンで、ブログを書いたり、旅行日程を組んだり、内勤…。 その一環として、ホークス戦の日程を調べたら… !! 今年は「鷹の祭典」の東京開催が、2回もあるんですね~! 月曜日と火曜日、選べます!!…

鉄道模型の記憶…

さっき、「プラレールの記憶」書いたばっかりですが… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 僕自身は、プラレールは幼稚園の頃に、卒業していまして。 当時同じくトミーが出していた、「スーパーレール」の方を買っていました。 プラレール同様、機関車や電…

今の用途…

定規です。 鉄製の。 目盛りも、すっかり読めなくなってしまいました… でも、今でもちゃんと用途がありまして。 こう使います。 封筒の折返しに美味く引っ掛けて、切れ目を入れる。 跡はその入れ目に上手く差し込んで… 封筒のオープナーの役割を、果たしてい…

本日も、ウチの巨匠に感謝・121…

寒い夜の、定番です。 鍋焼きうどん♪ 昔は受験の頃に、作ってもらったような気がします。 完食! 本日も、ウチの巨匠に感謝…

ハチマキ…

今週のお題「受験」 中学生の頃は、塾に通っていました。 「○○予備校」と名の付いた、進学塾で。 まぁ、僕は県内トップの有名高校へ!ってわけじゃなかったけど、試験で進路が決まるのは初めてのことですから、緊張の毎日を過ごしていました。 ある日、塾で…