Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

ホークス

団扇…

東京ドームの「鷹の祭典」にて。 父と、観戦。団扇! 僕はあんまり好きじゃないけど…。 父、途中で団扇を落としてしまって! 探したけど、見つからず 隣の人もいい人で、探してくれたけど。 試合は大敗! 時間もかかり、時間の都合もあって、父はショーを見…

車掌さんと…

日曜日のお話。 夜は、押上文庫です。 まだ、明るいけど。実は、ここのご常連、車掌さんと示し合わせてて。 写真はないけど、カンパーイ♪ 最初は胡瓜尽くしから。 もろきゅうと… こちらは自家製!胡瓜と〆鰺の和え物♪ 車掌さんが、これまた自家製の、水茄子…

いそいそと…

昨日のお話です。 今日は「鷹の祭典」東京1試合目! このために、夏期休暇を、ここに! どうせユニフォームもらえるから、Tシャツでね。 4年前、「OSAKA CLASSIC」のヤツ♪ 同行者がいるので、予備を。 6年前の鷹の祭典で買った、チケットホルダー!僕は、愛…

歌わせろ!!…

Twitterで、西明石の話題になり、ふと思い出した!! この前の6/9の、ナゴヤドームでのホークス戦! そう、ギータの2発で勝った試合!! ナゴヤドームは普段の球場ではないので、応援団は大阪の部隊が対応。 チャンステーマは、大阪の曲です。 アッコちゃん…

福田…

今日の押上文庫の、日本酒リスト! 文字ばっかりでしょ? 書いてあるのは酒名、仕込み方、地名、価格。 それだけ… もちろん、お任せや、味からのオーダーなども出来ますが、多くの客は、この文字情報からインスピレーションを働かせて、酒を選ぶわけです。 …

ご常連…

ナゴヤドームでの観戦は、こんな席でした。 これではわかりにくいですけど、実は前から2列目。 かなり迫力ある、席だったのです。 ファウルボールも、ネットに当たって間一髪!に近いボールが、飛んできましたよ。 でも、この席の欠点が一つ。 売り子さんか…

福田秀平…

(敬称略) 福田秀平。 「福ちゃん」 背番号37 応援するホークスの中でも、間違いなく、一番応援している選手です。 この日は途中から、ライトの守備に。 実は、背番号を取るのは大変! なかなか、後ろは向いてくれないですからね。 この日は例によって、代…

絶好球…

各所で話題にしております。 ホークスグッズです。 「絶好球」 中には、こんなまんじゅうが入っています。 中にはカスタードクリームが、たっぷり入っています。 そう、「Homerun Ball」 「甘い球」なのですよ。 通販ではほぼ、見かけないので、現地へ行った…

勝利のビール…

「とりあえずビール」って言葉があるくらい、ビールは食事の最初の方に飲むイメージです。 今日は特に美味しく感じて、写真も撮らずにゴクゴクと(笑) ヤフオク!ドームでももちろん、ビールの売り子さんがたくさんまわってきます。 重そうなタンクを背負って…

藤井将雄…

(敬称略) 福岡ダイエーホークスからのファンなら、聞き覚えがあるはずです。 藤井将雄。 背番号15 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 「炎のセットアッパー」 ホークスを優勝に導き、V2を見届けてこの世を去った、伝説の鷹戦士。 いや、本人は“伝説”な…

代わったところに…

(敬称略) ホークスは、鷹ガールデー。 今日は球場中、ピンク! 今日はホークス優勢! 武田も完投ペースの好投で、9回。 守備固めの登場です。 福ちゃん、今日はセンターへ。 最初の田中賢介は、フライを高々と。 センターに飛びました。 福ちゃん、危なげ…

地方球場の記憶…

(敬称略) 今日のホークスは、鹿児島開催。 地方球場でのゲームです。 昨日の熊本・藤崎台県営野球場でのゲームと組んで、「九州新幹線シリーズ」なんて言われてますが、熊本は残念ながら、雨で中止。 地方球場での試合は、滅多にメイン球場に来れない地方…

自己の記憶…

今週のお題「自己紹介」 去年の今頃は、こんな変化球を投じていました… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 今年は、マジメにやります。 韓隅錦矢。 197x年、日野市生まれ。 男の子? とある会社で、営業の後方支援をしています。 何かとデータが集まる部…

行くはずだった試合…

昨日の試合。 開幕カードのオリックス戦の、2戦目。 …実は、あわよくば、見に行ったかもしれなかったんです。 全員特典景品の「スノードーム」に乗せられかけて…。 でも、直前予約は飛行機も、宿も高い! 取れなくはなかったんだけど…、 残念ながら、諦めま…

埼玉の星…

(敬称略) ホークスは、福岡のチーム。 今はそれほどじゃないけど、かつては九州の選手を、優先的に採っていました。 でも、実は僕が住む埼玉県出身の選手が、ホークスでも活躍しているんです。 稼ぎ頭は、こちら。 中村晃。 背番号7。 推定1億6,000万円を…

38…

(敬称略) 背番号ではありません。 千葉ロッテマリーンズ、福浦和也。 背番号9。 福浦登場ともなると、敵味方から歓声が上がります。 1975年生まれの22年目、もはや「レジェンド」と言ってもいいでしょう。 この打席は残念ながら、ぼてぼてのファーストゴロ…

盗塁…

(敬称略) 足のあるランナーが出ると、応援団が煽ります。 「走れ-走れ-ヤーナギタ!!」 オープン戦は選手にとってもテストの場。 積極的に走ってくることは予想できたので、僕もカメラを準備して待ちます。 三塁側の席なので、狙うは二塁ベース上! ギ…

監督…

(敬称略) メンバー表交換。 井口監督! 若いなぁ~! 相変わらずのナイスガイ♪ 隣はもちろん、工藤監督です。 実はこの2人、元々はウチで、チームメイト! 井口は今はロッテ歴の方が長いけど、実は最初はホークスの選手です。 お互い、メジャーへ行き、巨…

当たり前の走塁…

(敬称略) ロッテとのオープン戦。 ローテを狙う、ウチの石川は、良かったと思う。 5回までは…。 6回、1死1,2塁で、中村の打球は、スタンドギリギリに飛ぶファウルフライ。 ファーストの高田、倒れ込みながらもキャッチ! 次の瞬間、ランナー2人が同時にス…

魂のノック…

この方…。 千葉ロッテマリーンズ、鳥越コーチ。 絵は撮れなかったけど、この前、内野陣相手にノックを打ちまくっていました。 実は昨季までは、ホークスの内野陣に向けて、ノックを放っていました。 エラーだらけだった松田をはじめ、今宮、本多、明石、川島…

「ら」の記憶…

京版の「ら」は、 「来年の事を言えば鬼が笑う」です。 一寸先は闇の、この世界。 ましては来年のことなど、とんと予想など付きません。 そんなことを論じるなどばかげたことで、鬼さえも笑うことから、「未来のことをのんきに論じる人を、からかって言う言…

背番号99+の記憶…

(敬称略) このシリーズの大詰めは、背番号100以上の選手を取り上げます。 100以上の背番号と聞いて、まず思いついたのが、ホークスの山本穣。 背番号113。 当時の100番以上はスタッフの番号で、彼はブルペン捕手を務めていました。 実はこの人、ある選手に…

人生は遊びが優先…

休日。 でも、出かけられない理由があって。 ひたすらパソコンで、ブログを書いたり、旅行日程を組んだり、内勤…。 その一環として、ホークス戦の日程を調べたら… !! 今年は「鷹の祭典」の東京開催が、2回もあるんですね~! 月曜日と火曜日、選べます!!…

背番号98の記憶…

(敬称略) 野球では、あまり馴染みのある人がいませんね~ ホークスの今の98番、高村コーチは、近鉄で活躍、スマートな印象がありましたね。 なので、この人を挙げます。 トニー・シラグサ。 背番号98。 NFLのボルティモア・レイブンズの、DT(ディフェンス…

背番号96の記憶…

(敬称略) 90番台は選手もちらほらいるけど、指導者では意外と少なくて、苦戦しておりますが、96はあんまり人がいないので、この人に再登場願いましょう。 佐々木誠。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp コーチ時代の背番号は、96です。 この人、現役引…

背番号95の記憶…

(敬称略) 一昨年まで、ホークスにカニザレスという選手がいました。 背番号95。 何回か一軍に呼ばれて、ヒットも打ちましたが、ホークスは外国人枠の都合で、外国人打者は1人という方針で。 なかなか一軍での活躍は、叶いませんでした。 ちなみに、カニは…

背番号94の記憶…

(敬称略) ホークスでは、過去には田之上慶三郎コーチが、背番号94を付けていましたが、今は空番ですね。 倉野信次コーチもこの番号ですから、ホークスでは投手コーチ用の番号なんですかね。 “9”と“4”なんで、あまりいいとは言えない組み合わせではあります…

背番号93の記憶…

(敬称略) 今年、特に輝いたコーチです。 村松有人。 コーチ時代の背番号93。 現役時代はホークスの韋駄天リードオフマンとして活躍、日本一にも貢献しました。 FAでオリックスへ行きましたが、足に負担がない、天然芝の球場を求めたんだそうです。 ただ、…

背番号91の記憶…

(敬称略) 下柳剛。 ホークス、日本ハム、阪神、楽天と渡り歩いた、豪腕ピッチャーです。 熱い男です。 ホークスでも頭角を現しました、タフな場面で力投しましたが、最も輝いたのは、阪神時代。 この頃にはベテランの味も加わって、大車輪の活躍でした。 …

背番号90の記憶…

(敬称略) ホークスファンである以上、この人を置いて他にありません。 景浦安武。 ホークス一筋37年。 主に代打、外野手、時には三塁手としても活躍。 酒を飲むと滅法打つという、「酒豪の強打者」でした。 水島新司の漫画作品「あぶさん」が、活躍の場で…