Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

ホークス

背番号91の記憶…

(敬称略) 下柳剛。 ホークス、日本ハム、阪神、楽天と渡り歩いた、豪腕ピッチャーです。 熱い男です。 ホークスでも頭角を現しました、タフな場面で力投しましたが、最も輝いたのは、阪神時代。 この頃にはベテランの味も加わって、大車輪の活躍でした。 …

背番号90の記憶…

(敬称略) ホークスファンである以上、この人を置いて他にありません。 景浦安武。 ホークス一筋37年。 主に代打、外野手、時には三塁手としても活躍。 酒を飲むと滅法打つという、「酒豪の強打者」でした。 水島新司の漫画作品「あぶさん」が、活躍の場で…

活躍の証…

写っているのは、福ちゃんです。 2017年の、リーグ優勝にちなんだ記念品です。 そう、今年のシーズンで最も輝いた場面を12選んで、特製のフレームにしたんです。 これに選ばれたのは、ギータだったりサファテだったり。 上林や甲斐など、若手も入っていまし…

背番号89の記憶…

(敬称略) もちろん、この人です。 王貞治。 ホークス監督時代の背番号89。 王さんといえば、背番号1。 その王さんが、ホークスにやってくる! そりゃあ、驚きでしたよ。 素人目には、ホークスは巨人と縁があったようには思えませんでしたから。 そして、そ…

背番号88の記憶…

(敬称略) 末広がりで、いい番号ですから、名だたる名監督たちが、この番号を付けています。 日本ハム時代の上田利治監督や、巨人を率いた原辰徳監督、中日の高木守道監督など。 ホークスではこの人のイメージが強いですね。 鳥越裕介。 一軍コーチ時代の背…

背番号87の記憶…

(敬称略) この人でしょうか。 井出竜也。 コーチ時代の背番号87。 元々は日本ハムに長い選手で、ゴールデングラブ賞を2回も取っています。 ホークスに来たのは2005年。 目立った活躍はありませんでしたが、もう晩年でしたから。 そのまま、コーチ就任とな…

背番号84の記憶…

(敬称略) 今年から二軍の投手コーチを務める、久保康生が、背番号84を付けます。 長らく阪神のコーチを務め、その時も背番号84でした。 久保コーチと言えば、あの岩隈を育て、阪神ではメッセンジャーや桑原を育て上げるなど、指導力には定評があります。 …

背番号83の記憶…

(敬称略) この人が、背番号83でしたか。 馬場敏史。 現在は西武で、内野守備走塁コーチを務めます。 この人は元々、ホークスの選手。 レギュラーではなかったけど、守備はピカイチ。 終盤の守りを固める人でした。 トレードでオリックスに行った頃は、レギ…

背番号82の記憶…

(敬称略) NFLでは、ピッツバーグ・スティーラーズに在籍した、アントワン・ランドルエルが印象的です。 強豪のスティーラーズにあって、作戦によっては登場するワイドレシーバー(WR)だったと思いますが、この人、非常に器用で。 体はそれほど大きくあり…

背番号81の記憶…

(敬称略) ホークスの工藤監督、そして秋山監督が、背番号81ですね。 工藤さんは用兵が上手く、選手が結果を出しやすいですね。 秋山さんは背中で付いていかせるタイプ、かな? 2人とも、根本さん、王さんが築いたチームを、見事に引き継いでいますね。 NFL…

背番号79の記憶…

(敬称略) 赤ヘルの指揮官です。 緒方耕市。 監督時代の背番号79。 現役時代は外野手で、常に盗塁王を狙える走力を持ちました。 事実、1995年から3年連続、盗塁王を獲得しています。 打撃でも実力をみせ、首位打者に迫ったこともあります。 しかし、怪我も…

背番号74の記憶…

(敬称略) 背番号74って、実は首脳陣にも、あんまりいないようですね。 でも、ホークスにはこの企画のためにあるような?方がいらっしゃいます。 小川史(おがわひろし)。 現役時代はショートの他、内外野をどこでもこなすプレーヤーで、選手会長も長く務…

背番号72の記憶…

(敬称略) ホークスの二軍投手コーチ、若田部健一。 背番号72。 90年代、福岡ダイエーホークス時代のエースとして、投手陣を牽引した選手です。 あの頃本当に、他に人材がいなくて、孤軍奮闘、獅子奮迅の活躍でした。 1999年、入団した尾花投手コーチに発破…

西武の後を追って…

ホークスのコーチが3人も退団、パ・リーグの他の球団に移籍するそうです。 鳥越コーチと清水コーチはロッテへ、佐藤コーチは楽天へ行きます。 そりゃあ、痛手ですよ。 ある意味、選手よりも大きい、流出です。 内情から何から、みんな知ってますから。 ただ…

意味のあるギャンブル…

(敬称略) 日本シリーズは、ホークスの日本一で、幕を閉じました。 両軍とも奮闘、死闘を尽くした戦いに、拍手を送りたいですね。 ところで、話は変わって、NFLのお話。 アメリカンフットボールは、ボールを持って走ったり、パスしたりして、4回の攻撃で10…

背番号70の記憶…

(敬称略) ホークスには、田上秀則というキャッチャーがいました。 背番号70です。 中日では3年間在籍、大きいのを打てるキャッチャーとして期待もされましたが、わずか3年で自由契約にされます。 見かえさんと、ホークスの入団テストを受験。 実はこの時、…

背番号69の記憶…

(敬称略) ホークスに、井手正太郎という外野手がいました。 2001年ドラフト8巡。 宮崎県出身で、日南学園で甲子園を経験。 今年も育成で2人取ってますが、ホークスはかねてから、九州出身の選手を積極的に取ってきました。 井手もその一環。 事実、成績の…

背番号68の記憶…

(敬称略) ホークスでは三森大貴が、背番号68を背負います。 埼玉県出身で、「登戸ファイターズ」で野球を始めたそうです。 お隣、越谷市の出身です。 1999年生まれ、18歳。 もうすぐ、21世紀生まれの選手が、グラウンドを走り回る時代が来るんですね~ ル…

背番号66の記憶…

(敬称略) ホークスファンとしては決して忘れてはいけない投手がいます。 斉藤和巳。 背番号66。 最初こそ怪我もあったり苦労しましたが、2000年代前半から中盤にかけて、ホークスのエースとして、もうそれは炎のような大活躍を見せました。 2003年には阪神…

ホークスファンになったきっかけ…

(敬称略) ホークス、1戦目勝ちましたね~! 多くの選手が、活躍しましたね♪ 第2戦の相手は、左腕かな? 苦戦するかも知れません…。 ホークスファンになったのは、高校生。 当時はまだ「南海ホークス」でしたね。 このホークスが、九州に来るってのが、大き…

背番号64の記憶…

(敬称略) ホークスに、田之上慶三郎という投手がいました。 背番号64です。 僕と、同い年のようですね。 稼働したのは、2000年前後。 でも最初はもっと前、新聞に掲載されていた、選手のリストで知りました。 指宿商業高校の出身で、鹿児島の人なんだな~…

背番号63の記憶…

(敬称略) ホークスには、笠原大芽という選手がいます。 福岡県出身、22歳の若者です。 お父さん、お兄さんも、元プロ野球選手。 野球一家に育っています。 左投右打、というのは珍しいかも知れません。 お父さん、お兄さんとも、右投右打でしたから、影響…

お手柔らかに…

出題は、今月の中旬でした。 問題の題材は、これ。 たいていは2つ買って、カードを4枚ゲット。 シャッフルするかしないかで、見ないで最初に取った選手を、答えにすることが多いです。 ただ、この時は既に、クライマックスシリーズが始まっていたので、今ま…

背番号62の記憶…

(敬称略) ホークスではどういうわけか、キャッチャーの番号でして。 長らく、山崎勝己が付けていました。 城島みたいなスーパーキャッチャーではなかったですが、安定感のあるキャッチャーでした。 ただ、田上秀則だったり、細川亨だったり、常に強力なラ…

背番号61の記憶…

(敬称略) 野球選手で有名なのは、角中かな? 今は3番ですが、長らく背番号61を付けていました。 強打者ですよね~ 首位打者も、2回取りました。 出身は七尾市ですが、アイランドリーグの高知ファイティングドッグスの出身で、独立リーグ出身では、稼ぎ頭で…

背番号60の記憶…

(敬称略) 実はこの企画、60番台が一番難しいんです。 70番台以降は監督、コーチがいるので、その現役時代を書けます。 90番台は、何人か選手もいますし。 若い選手でも、60番台を付けて、なおかつ書けそうなネタがある人は、少ないのです。 大いなるチャレ…

背番号58の記憶…

(敬称略) 我らが「King of the Closer」!! デニス・サファテ投手。 背番号58。 マリンスタジアムなどに、友人を連れて行くことがあります。 勝ってればもちろん、このサファテが登場するんですが、 「速ぇ~なぁ~!!」ってのが、共通の感想。 150km/h後…

背番号57の記憶…

(敬称略) ホークスでは、左のワンポイントというイメージが、定着してますね。 背番号57、三瀬幸司が有名です。 「三瀬=店」から、「店長~!!」なんて声が、飛んでましたね。 ただ、2005年の交流戦で、金本への頭部死球で危険球退場になってからは、思…

背番号56の記憶…

(敬称略) 御子柴進。 背番号56。 読みは「みこしば」です。 長野、特に岡谷や伊那に多い名字で、松本でもよく見かけました。 そう、彼は塩尻の出身。 松本工業高校から阪神タイガースへ入団して、15年間も活躍した選手です。 右サイドハンド、変速投法の投…

背番号55の記憶…

(敬称略) 3人挙げます。 まずは誰もが知る、ゴジラ松井! 日本を代表する長距離砲で、東京ドームほかに多数のホームランをかっ飛ばしました。 守備でもそつのないところを見せましたし、何より、 「紳士」! 読売巨人軍にはうってつけの選手だと、思ってい…