読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

Bad sector numberの記憶…

エラー番号63。 セクタ番号に誤りがあると、このエラーが出るらしいです。 セクタとは、本来円の中心から円周方向に伸ばした、2本の直線の間の領域を指します。 わかりやすく言えば、ピザの切ったヤツです。 コンピューター用語としては、同一トラック(円周…

1993年の記憶…

当時21歳。 結局、だらけきった生活は直らず。 1コマ目だった英語が単位にならず。 留年となりました。 まぁ、絶望でしたね。 お先真っ暗。 それでも、生活していかなければなりません。 英語は、全部出ましたよ。 翌年、「優」くれたけど、要らなかったな。…

File still openの記憶…

エラー番号64。 ファイルを開けたままプログラムが終わってしまうと、このエラーが出るようです。 やりっ放しは禁物、ってわけです。 想像なんですけど、きっとファイルを開けるときに、データをやりとりするために、いろいろ処理するんでしょうね。 そのま…

File already openの記憶…

エラー番号54。 OPEN文で開こうとしたファイルが、既に開いていると、このエラーが出るんですが…、 そんな「石橋を叩いて渡る」ような人、いるかしら? まぁ、あり得ることはあり得るので、エラーとしては用意しとかなきゃいけないと思いますが。 プログラム…

File not OPENの記憶…

エラー番号59。 開いていないファイルに対して入出力を行うと、このエラーが起きます。 当時、ファイルは番号で管理されていました。 OPEN命令でファイル番号を割り当て、以後はその番号を指定して、ファイルにアクセスします。 OPEN命令では、ファイルの入…

Disk offlineの記憶…

エラー番号70。 その名の通り、「フロッピーディスクが入っていない」と、このエラーが起きました。 フロッピーディスクには、8インチ、5.25インチ(5インチ)、3.5インチ、2インチなどがありました。 8インチや5.25インチはペナペナで、いかにも「脆弱な」…

Bad file modeの記憶…

エラー番号61。 ファイルに合わない入出力命令を打つと、このエラーが出ます。 シーケンシャルファイルと言って、一つずつ順番に読み書きする、単語帳のようなファイルに対してですね。 読み書き、なんて書いちゃいましたが…、 シーケンシャルファイルは、フ…

Bad FATの記憶…

エラー番号60。 ディスクの状態が正常でないと、このエラーが出ます。 これが出るほどディスクを酷使しませんでしたが、もし出たら、致命的なエラーだと思います。 恐らく、ディスク丸ごと、読み取り不能でしょうね。 FATとは、「File Allocation Table」 直…

Direct statementの記憶…

エラー番号57。 「アスキー形式でプログラムをロード中、プログラム以外のデータがあった」 だそうです。 アスキーとは当時の文字コードですから、アスキー形式でプログラムを読み書きすると、読み込んだときに翻訳して、プログラム化するんでしょうかね? …

FIELD overflowの記憶…

エラー番号50。 「FIELD文で定義したフィールドのサイズが256バイトを越えた」だそうです。 何やら何にもわかりませんね~ 僕にも、わかりません…。 要は、FIELD文はフロッピーディスクと入出力をするための、準備命令なんですが、まず、ディスクの最初から…

Rename across diskの記憶…

エラー番号71。 「NAME文を異なるディスク間で行おうとした」エラーだそうです。 …出しようが、ないですね。 MSX時代後期においても、ディスクドライブは1台しか持っていませんでしたから。 NAME文は、ファイルの名前を変える命令でした。 「異なるディスク…

昔話…

昨日は越谷のHさんと、飲み会! 年度末のお忙しいところ、お呼び立てしちゃいました。 お付き合いありがとうございます♪ カンパーイ♪ ここ「鳥平」は、混雑必至の焼き鳥の名店! お通しがなんと、かにグラタン! 焼き鳥は一番左の「つくね」が絶品!! レバ…

Sequential I/O onlyの記憶…

エラー番号58。 「シーケンシャルファイルに対して、ランダムアクセスファイル用のコマンドを使おうとした」 多分、何のことかわからないと思いますが、ファイルタイプについてはこちらにも書いてます。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 「シーケンシャ…

Bad file nameの記憶…

エラー番号56。 ファイル名の指定に問題がある場合のエラーです。 多分…。 僕がMSXを扱った際、フロッピーを手に入れたのはずっと後で、ファイルを扱うのは、カセットにプログラムを記録するときぐらい。 プログラムからファイルを扱った経験は、ほとんどな…

Out of string spaceの記憶…

エラー番号14。 文字列を格納する領域がなくなると、このエラーが出ます。 …滅多に、出ませんけど。 当時はなかなか難しかったんですが、今は文字列の照合は、もはや当たり前の機能になっています。 文字を読み取って、正解のパターンと照合して、正しければ…

待ち時間…

今日もダブルトリプルボギーは、確定。 帰れれば… 帰るけど! 残る理由は、いろいろあります。 某所からの「案件精査数百件攻撃!」では、ひたすらカリカリキーボードを叩かねばなりません。 ヒマしてる時間など、ないわけです。 一方、Excel制作物関連では…

Undefined user functionの記憶…

エラー番号18。 MSXには「ユーザー定義関数」というものを、設定することが出来ました。 DEF FN文にアルファベット1文字を付けて、定義します。 ただし、式の内容は、1行で書かなければならなかったと記憶しています。 なので、有用そうで、実はあまり使い道…

認証…

スマホからパソコンに送った、写真を載っけたメールが、届かない。 確かに送ってるのに… ピンときました。 「迷惑メール」 アドレス変えてから、初めてだったっけ? 迷惑メールフォルダに、振り分けられていました。 いま、メールも銀行口座も何でも、認証で…

完璧…

VBAのプログラムは、あと一息。 でも、大方の機能は搭載が叶って、各種資料出力用として、とりあえず使用に耐えるようになりました♪ 上司にも、ほぼほぼOKもらいましたよ♪ あちこち、修正したけど。 もちろん、今までも何回か、試作や途中経過を上司に見せて…

String too longの記憶…

エラー番号15。 文字列を格納したり、演算(といってもつなげたりだろうけど)したりして、当時のMSXの文字列の制限、255文字を超えてしまうと、このエラーが出るんじゃないかと。 多分、出したことありません。 例の「error文」以外では。 255。 一般の方に…

印刷…

会議の資料を作っています。 正確には資料そのものではなく、資料を出力する仕組み。 「印刷」ボタンを押すと、イントラ上にある、各支店長が作った任意の資料が、印刷出来るわけです。 ひな型は、あてがいましたけどね。 Excelで人に入力してもらうにあたっ…

Yahoo! JAPAN…

仕事は相変わらず、大きな制作物を抱えています…。 日中帯は電話も鳴るし、別の依頼も来る。 ホームページに問い合わせが来れば、処理した上で、誰かに案件を振らなければなりません。 なかなかじっくりとは、やれないのです。 皆さん同様に。 残業時間はこ…

SPCの記憶…

靴を買いました。「SPC イオン南越谷店」で。 株式会社チヨダの、一店舗です。 東証一部上場企業なんですね~ 「東京靴流通センター」の会社と言えば、わかってもらえるかな? 「SPC」は、カジュアル、スニーカー中心に、総合スーパーなどにテナントとして入…

キーボード…

父に、言われてました。 何日か前から。 「句点だけ、打てない…」 このところ忙しくて、相手にする時間もないので、こう流しときました。 「再起動すれば、直るよ」 常套句、です。 やっと週末で、のんびり。 …してるところに、また父が。 「直んない…」 し…

武器…

最近、ダブルパー(4時間残業)だの、ダブルトリプルボギー(6時間残業)だの…。 今日はダブルプラストリプルボギー(5時間残業)でした。 何をしているか。 80を超える支店で使う、Excelファイル群を構築中です。 各支店にファイルは一つ。 これに記入して…

Overflowの記憶…

残業が多めな今日この頃。 公私ともOverflowしそうな日々ですが… パソコンのエラーの「Overflow」は、変数に格納する値、またはそもそもの計算結果が、扱える大きさを超えたときに出ます。 エラー番号は6。 今のExcelでも、たまに出ます。 当時のMSXでは、数…

1986年の記憶…

前の年は、こちら kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 当時14歳。 中学3年生になりました。 部活・弓道も、最終学年。 でも、最後まで、全然当たらなかったですね。 多分、10射のうち5本当たったこと、なかったんじゃあ!? 塾にも行ってましたね。 高校受…

プリンター…

A3のプリンターを持ってます。 実際には「A3ノビ」まで。 写真も結構きれいに出ます。 でも、欠点が一つ。 インクが、濁るんです。 なので、いちいちクリーニングをかけないと、色が濁ってしまうんです。 一度、修理にも出しました。 でも、異常なしで、返さ…

Type mismatchの記憶…

エラー番号13。 変数と、代入する値の型が合わないと、このエラーが出ます。 変数。 値を保管(代入)したり、取り出して計算に使ったりする、便利な箱です。 でも、実は変数には、それぞれ型がありまして。 この変数は数字用。 この変数は文字用。 これを間…

No RESUMEの記憶…

エラー番号21。 エラー処理ルーチンにRESUME文がないと、このエラーが出ます。 Resumeとは、「中断したことを再開する、回復する」という意味。 エラー処理ルーチンは、特殊な扱いだったんでしょう。 処理をし、元のプログラムに戻るためには、必ずRESUME命…

1982年の記憶…

前の年は、こちら。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 当時10歳。 それまで、いたずらしたり叱られたりしても、「(歳が)一の位だから~♪」って言い訳してたのが、通用しなくなる歳になったわけです。 この年は、弟が小学校に上がった年。 アルバムは弟…

Redimensioned arrayの記憶…

エラー番号10 「配列の二重定義」って、書いてあります。 前回かな?単語帳みたいな変数、配列変数に通し番号(添字)があって、みたいな話をしたのは。 通し番号は通常、「どこまで使うよっ!」って、宣言(DIM)してから使いますが、これを2回以上すると、…

Illegal function callの記憶…

エラー番号5。 意味は「不正な関数の呼出」。 Syntax errorと並んで、よく出るエラーです。 関数とは、ある数値や文字などを与えて呼び出すと、それに何らかの処置を施して、結果を返してくれる、便利なものです。 与える数値や文字などを「引数(ひきすう)…

Missing operandの記憶…

エラー番号24。 オペランドとは、被演算子。 つまり、演算の対象です。 「1+2」なら、「+」が演算子で、1も2も被演算子、つまり「オペランド」です。 関数にして命令にしても、何らかの数字、または変数を添えて動かし、添えられた数字などに演算を施して、…

雨のち晴れ…

今日は、そんな天気だそうです。 「晴れのち雨」は帰りに困りますが、「雨のち晴れ」は、たたの逆に見えて、実にたちが悪い。 忙しい朝に自転車が使えないのは、困ります。 バスはあるけど、終点のバス停が駅から遠い! 本数も十分ではなく、かえって早起き…

Can't CONTINUEの記憶…

エラー番号17。 そう、確かにこんなエラー、ありました。 出したことも、あるはず…。 かすかな記憶だと、「CONT」命令だったかな? 「Ctrl + STOP」を押すか、或いはプログラムに「STOP」命令を仕込んで、プログラムを止めた後、何らかのチェックをしたあと…

Subscript out of rangeの記憶…

エラー番号9。 “Subscript”を辞書で引いたら、「添字」だそうです。 何かというと、「変数」という値の入れ物に付ける、通し番号のことです。 「配列変数」って言ったりしますが、たとえて言うならば、「リング式のメモ帳」かな? ひと綴りの変数に通し番号…

あらゆる想定…

先ほどの、「ギャラガ」の続き。 トラクタービームを発するボスギャラガ。 わざと突っ込んで取り返すのが、ひとつの作戦です。 しかし逆に、絶対にトラクタービームに入ってはいけない場合があります。 そう、自機のストックが、1機もないとき。 人質を取り…

RETURN without GOSUBの記憶…

エラー番号3。 ここでいう「RETURN」とは、サブルーチン、まあ例えれば外注先かな?から、本体の呼出元へ戻る命令。 プログラムの中で、何度も使う処理をまとめて、サブルーチンとして書いておいて、本体のあちこちから呼び出して使い、また元の場所に戻る、…

転送…

フォロワーさんにメッセージを打つべく、PCのメモ帳で長々と…。 でも、結構な遅い時間になっちゃって、打つのは翌日の昼に、したんです。 とは言え、昼間は会社のパソコン。 スマホに送るのって、メールにコピーして、自分宛に打って、またその分をコピーし…

Verify errorの記憶…

エラー番号20。 Verifyとは、「確認する」「検証する」の意味。 CSAVE命令で、カセットテープに書き出したプログラムが、本当に正しく書かれているかを確かめる命令が、MSXでは確か「CLOAD?」だったと思います。 この命令を実行すると、パソコンはテープの読…

Illegal directの記憶…

エラー番号12。 BASICは、プログラムに命令文を書いて、一気に実行させるのが本分ですが、命令によっては待機時(ダイレクトモード)にも打てる命令があります。 プログラムを起動させる「RUN」はもちろん、プログラムを表示する「LIST」、プログラムをカセ…

Out of DATAの記憶…

エラー番号4。 READ文に差し掛かると、プログラムの中にDATA文を探して、1つずつ読み取っては、変数(値を入れる箱のようなもの)に格納していきます。 今なら別ファイルにして、読みに行くんですが、当時の外部記憶装置はカセットテープが主流!だったので…

Undefined line numberの記憶…

エラー番号8。 GOTO文やIF~THEN文で、存在しない行番号を指定すると、このエラーが出ます。 そう、当時のBASICは、行番号で命令を管理していたんです。 通常、最初は10刻みに行番号を振っておいて、行を挿入する必要があったときに、その間の行番号を使った…

Undefined errorの記憶…

Undefined = 未定義。 未定義のエラーが発生したっていう、訳のわからないエラーが発生すると、これが表示されます。 エラー番号は23ですが、それ以外の未定義エラーが起こっても、このメッセージになります。 エラー番号は、記録しています。 当時、1~255…

KMGT…

何ですかって? 大きな数を扱うために、単位を拡張する記号です。 「SI接頭辞」と言うそうです。 K=キロ、M=メガ、G=ギガ、T=テラ。 パソコンではメモリなどの単位で、お馴染みですね。 K=2の10乗 = 1,024 M=2の20乗 = 1,048,576 G=2の30乗 = 1,073,7…

NEXT without FORの記憶…

ループを構成する命令、FOR文に対応していないNEXT文が出てくると、このエラーになります。 エラー番号1番は、なぜかこれ。 何故なのかは、わかりません。 でも、昔のポケットコンピュータ「PB-100」でも、ERR1はこのエラーだったな…。 実際には、いきなりNE…

Device I/O errorの記憶…

エラー番号19番。 「恐怖のエラー」の一つでしょう。 意味は、「カセットテープからのプログラムのロード中、エラーが生じて読み取れなかった」 今でもExcelファイルが読めなくなったりすると、冷や汗をかきますが、昔は記憶媒体として、カセットテープを使…

Out of memoryの記憶…

エラー番号7番。 メモリ領域が埋まってしまって、これ以上記憶できないときに出ます。 実際には純粋の記憶領域の他、変数の領域やスタック(戻り番地)なども対象ですが、十分な領域が用意してあるので、ちまちまプログラムを作るレベルでは、まずこのエラー…

Syntax errorの記憶…

昔のパソコンの、エラーの話。 エラー番号2番。 Syntax=構文。 構文を誤ると、このエラーが出るわけですが、要は打ち間違うと出ます。 雑誌のプログラムなんかをよく打ちましたが、このエラーなしに打ち終わることは、ほぼありませんでした。 動かせば、「…